たこ焼き屋成功するための5箇条

たこ焼き屋を成功させるための5箇条についてまとめてみましたので、以下、ご参考ください。

味にこだわれ!

たこ焼き屋にとって「味=生命線」です。
どこよりも美味しいと自分がホレ込むほどのたこ焼きを作らなければなりません!

そうでなければ、あなたのたこ焼きは、たくさんの競合のたこ焼き屋の中の一つとしてしか、お客さまの記憶に残らないでしょう。

日本中のたこ焼きを食べ歩き、そして、日々、自分のたこ焼の味を研究し、徹底的に美味しい味のたこ焼きを作れるまで、努力してください。

スポンサーリンク

また、開店後も、お客様の声を聞きながら、味に改良を加える努力を惜しまないようにしましょう。

ダントツで美味しいたこ焼きを作れるよう、一生、努力する覚悟で経営してください!

メニューにこだわれ!

お客さまに覚えてもらうためには、個性的なメニュー作りも大切。

◯◯入りたこ焼きのような、少し変わったたこ焼きを提供するのも良いでしょう。
また、たこ焼き以外のお好み焼き・たい焼き/アイスクリームなどのサイドメニューの提供も良いかもしれません。

ただし、大切なことは、「どのメニューも、とても美味しいこと!」です。

ほとんどのお店では、メイン以外のメニューの商品については、手を抜きがちです。

例えば、お好み焼きを提供するなら、近隣のお好み焼き専門店よりも美味しくて個性的なお好み焼きを提供する。また、ソフトクリームを提供するなら、特別な新鮮な牛乳を使ったソフトクリームを提供するなど、かなり美味しい!と言いたくなるようなものを提供しなければなりません。

諦めるな!!!明けない夜はない!!!

たこ焼き屋を開業しても、すぐに、お客様がたくさん来店することはありません。
少しずつお客さまが来店し、美味しければリピーターになってもらえ、リピーターが増えることで、だんだんとお客さまが増えるようになります。

特に、開店後、数ヶ月間は、お客さまは殆ど来ないかもしれません。

それでも、決して諦めないこと!

悲観的になっても、何も変わりません。
(悲観的になって、何もしなければ、あとは、落ちてしまう=閉店することになるだけです)

厳しい時でも、「おいしいたこ焼きを提供すること」に徹底して努力をしていれば、必ず、お客さまは集まってきます。

諦めないこと=強い覚悟を持って積極的に仕事に取り組むこと

これをいつも念頭においてください。

良いサービスを!

たこ焼き屋としてお客さまが来店しやすいお店を作るには、味だけでなく、サービスもかなり重要です。

  • 毎日の清掃
    (店内だけでなく、店頭も!)
  • 元気の良い挨拶
    (いらっしゃいませ!、ありがとうございます!など。)
  • なるべく早くたこ焼きを提供する
  • いつも笑顔で姿勢よく!

これらをオーナーだけでなく、全アルバイトが実践できるようになるまで、徹底して教育をしましょう。

努力を惜しまない、手を抜かない!

たこ焼き屋として成功させたいなら、軌道に乗るまでは、努力を惜しまないこと。
また、絶対に手を抜かないこと。

たとえば、、、

  • 売れ残りの固くなった、たこ焼きを提供
  • アルバイトが良い形を作れなかった、たこ焼きを提供
  • 一部のたこ焼きが焦げている
  • タコが入っていなかったり、タコが複数入っているたこ焼きがある
  • ソースがすべてのたこ焼きに満遍なくかかっていない

など。

手を抜こうと思えばいくらでも手を抜くことができますが、一度でも手を抜いてしまうと、お客さまは、二度とお店には来ないかもしれません。

そうならないように、たこ焼き作り・提供については、絶対に手を抜かないで、納得のできる、たこ焼きのみを提供するようにしましょう。

スポンサーリンク

PAGE TOP