たこ焼き屋開業の物件の選び方

たこ焼き屋の開業の物件の選び方で一番重要なのは、人通りでの多さはないでしょうか?

他の飲食店とは違い、持ち帰り需要が中心のたこ焼き屋ですので、いかについで買いをしてもらえるか、が重要だと考えます。

店舗を保つ場合、駅前、人通りの多い商店街、幹線道路沿い、スーパー・ショッピングセンターの前、などとにかく人通りがある場所への出店がカギになります。

しかし、人通りが多すぎても、たこ焼きを待つ行列ができてしまったりすると苦情がでてくることもあります。ですので、人が待っても大丈夫なような立地が望ましいでしょう。

たこ焼き屋の物件はイートインをしない場合はとても小さくても大丈夫で、2〜3坪あれば大丈夫でしょう。しかし、なかなかそのような小さな空き物件が人通りの多い場所ににはありませんので物件探しには苦労が多いかもしれません。

物件の探し方

めぼしい場所がきまったら、まずはネットで物件を見てみます。決してそこでいきなり物件を決めてしまうのではなく、その地域の相場感をたしかめてみる為です。ある程度相場感がわかり、物件の目安ができたら、現地へ行ってみましょう。

スポンサーリンク

現地へ行ってみて、人通りの多さ、客層などを自分のお店がオープンする時間帯で確認してみます。昼間、夜、平日、休日など何回か確認してみるとよいでしょう。

そして、物件を探す時は、その地域の店舗を多く扱う不動産屋に行ってみてください。自分の条件をしっかりと伝えて、希望の物件がなかったとしても一度の訪問で諦めるのではなく、何度か足を運んでください。顔見知りになり、あなたの真剣さが伝われば新しい物件がでた時に他より先に教えてくれるかもしれません。もちろん、何件かの不動産屋にあたってみてもよいでしょう。

妥協も必要

なかなか希望通りの物件をみつけるのは難しいかもしれません。たこ焼きに最適な、人通りの多く、小さい物件、、、となるとかなり困難かもしれません。でも、もし大きい物件しかないのであれば、発想の転換を行い、思い切ってイートインスペースにしてしまうのもよいかもしれません。ただし、家賃は高めになってしまうので、いかにして単価アップを狙うのかを考えなければいけませんが・・・

予算を大幅にオーバーするのは無理がありますが、立地や物件にはある程度の妥協はやはり必要ではないでしょうか?

スポンサーリンク

PAGE TOP