たこ焼き屋開業の資金調達方法

たこ焼きの開業は他の飲食店に比べて低い金額で開業できると言われていますが、それでも店舗を借り、改装などをすればそれなりの金額は必要です。

そのための資金調達はどうすればよいのかいくつかの方法をご説明します。

自己資金でまかなう?

まずは、当たり前ですが自己資金一番よいでしょう。全額自己資金でないといけない訳ではありませんが、多いことに越したことはありませんし、ある程度の自己資金がないとお金を借りることもできませんので、たこ焼き屋を開業すると決めたのであれば、まずは自己資金を十分貯めることから始めましょう。

それ以外には、公的資金や民間の金融機関から借りるのが一般的です。

日本政策金融公庫(旧:国金/国民生活金融公庫)で公的融資をうける

日本政策金融公庫は、以前は国金と呼ばれ、中小企業・中小規模の飲食店や店舗の個人事業に積極的に融資する政府系の金融機関です。おそらくたこ焼き屋を開業される方は個人事業主として、個人でお店を開かれるとおもいますが、個人でも十分融資はうけられますので心配は無用です。

スポンサーリンク

政府系金融機関ということもあり、長期固定しかも低金利で借入ができるので、たこ焼き屋を新たに開業するのであればまずは日本政策金融公庫で融資を受けることが一番よいでしょう。

日本政策金融公庫で借りる場合、計画性・実効性のある事業計画、経験と自己資金が必要です。

計画性・実効性のある事業計画とは、すでに店舗の場所も決まっていてい、市場調査をし、いくら位の売上があがり、いくらくらいの利益を得ることができるかといったような具体的な数字を示した計画です。

いきなり日本政策金融公庫を訪ねていって、たこ焼き屋をやりたいといっても融資を受けることは無理ですので、まずはどのようなことが必要か調べて、話が具体的になってから融資を申し込みましょう。

自己資金については、融資額は自己資金の2倍〜3倍程度といわれていますので、逆算して、必要な額の自己資金が必要です。500万円の開業資金がいるのであれば、200-250万円程度は必要ですし、そのお金は、親などから借りたお金ではなく、自分がこの独立に貯めたお金が望ましいと言われています。(コツコツと貯金をした通帳を見せればOKです)

独立したいのであれば、飲食店などで働いてお金を貯めてチャレンジするとよいでしょう。実際にたこ焼き屋で修行したり、その他飲食店での勤務経験も、融資を受ける際に有利な材料になります。

民間の金融機関 銀行 信用金庫で融資をうける

まず、開業当初には銀行のプロパー融資(銀行が全責任を追う融資)はありえません。

銀行が新規開業の際に貸出を行うのは、信用保証協会付き融資か、同じような各自治体が実施する制度融資となります。

信用保証協会付き融資や制度融資とは、お金は銀行から借り入れするのですが、国が運営する信用保証協会という団体に保証料を支払うことにより、万が一お金を返済できなくなった際、銀行はその金額を補償されるという仕組みで、保証料は必要ですが、銀行としてはリスクがないのでお金を貸しやすいというシステムなのです。

申し込みはほとんどが銀行経由で行います。まずは銀行で相談してみてください。
申し込む銀行は、地方銀行や信用金庫が妥当でしょう。大手のメガバンクなどは新規開業の個人事業主をなかなか相手にはしてくれないようです。


スポンサーリンク

PAGE TOP