たこやき屋開業の流れ(たこやき屋開業方法)

たこやき屋開業の流れ(たこやき屋開業方法)は下記のとおりとなります。

たこ焼き屋は短期間に開業できますので、急げば、数ヶ月の準備期間でも開業は可能です。ただ、あまり急いで開業をしても失敗する可能性が高くなりますので、事前にしっかりと計画を立ててから独立するほうが良いでしょう。

無理の無いスケジュールとしては、だいたい半年〜1年程度の準備期間で、たこ焼き屋の新店舗を開業するというスケジュールにすると良いでしょう。

たこ焼き屋開業の流れ(スケジュール)

たこ焼き屋開業の決定

  • たこ焼き屋を開業する意志を決定する!
    自分一人で決めるのではなく、家族/友人などのアドバイスをもらって、最終的な決定をするようにしましょう!
    たこ焼き屋の開業方法としては、自分ですべてを準備する独自店舗の方法と、フランチャイズに加盟する方法があります。
    スポンサーリンク
  • 独自店舗なら自由に味や品質/価格を決定でき、成功すれば大きな収入を得られますが、たこ焼き屋運営のノウハウがあまりないので、失敗する確率がやや高くなること、また、信用度も低いためお客さまが集まりにくいというデメリットがあります
  • 一方、フランチャイズは、たこ焼き屋の運営ノウハウや信用を得られるので、ある程度のお客さまを確保しやすい、失敗の可能性がやや低くなるというメリットがある一方で、フランチャイズ費用/ロイヤリティ費用が高い、自分の自由に経営できない、大きな成功を得られる可能性は低いなどのデメリットがあります
  • 自分の将来の目標や夢、自分の現状のスキルなどを考慮に入れて、最終的に独自で、たこ焼き屋を開業するのか、フランチャイズで開業するのか、決定すれば良いでしょう。

 ▼

開業資金の準備

  • たこ焼き屋の開業には200〜700万円の資金が必要になります。
    すべての開業資金を借りることは難しいので、少なくとも30〜50%程度は、自分でお金をためましょう。
  • お金を全く準備しないで、すべての開業資金を家族や知人からお金を借りて開業しようとする方がたまにいらっしゃいます。正直、お金を貯める努力もできない方が開業して成功する確率はかなり低いです。(*たこ焼き屋を開業して、成功させるには、お金を貯めることの何倍もの努力が必要になります)少し開業時期が遅くなっても良いので、まずは、お金をためましょう。
  • 開業資金の30−50%程度貯めることができたら、足りない資金については、銀行または家族から借りるようにしましょう。もちろん、お金を借りずに、100%資金を自分で準備できる方は、準備したほうが良いです。お金を借りずに開業するほうが、余裕を持って、経営できますので、オススメです。

 ▼

物件の決定

  • たこ焼き屋の店舗物件を決定しましょう
  • たこ焼き屋で本当に成功したいなら、自宅での開業はやめましょう。自宅での開業は、お客さまにとってもあまりよい印象にはなりませんし、店舗家賃を払わずにお店を運営することで、だらだらと経営をしてしまいがちです。本気になって仕事をするため、お客さまに信用をもってもらうためにも、実際に、店舗を借りるようにしましょう。
  • たこ焼き屋にとって立地はかなり重要です。物件については、人通りを徹底的にチェックしてください。平日/祝日/土日/季節/日中/夜間などによって、人通りは全く変わります。何度も何度も足を運んで、最終的に物件を決定しましょう。
    候補のお店が決まれば、近くの飲食店の方々に「集客状況」などの生の声を聞くようにしましょう。
    徹底的にリサーチをしたあとで、開業することで、立地選定ミスという致命的なミスを防ぐことが出来るだけでなく、多くの集客を期待できます。

 ▼

店舗設備・厨房機器の準備/内装・外装工事

  • 厨房機器、店舗設備はお金をかければ、いくらでも良いものはあります。
    最初から見栄を張る必要はありませんので、中古機器でまかなえる場合は、新品を買わずに、中古機器を購入するようにしましょう。
  • 工事についてもお金をかければ、いくらでも良くなりますが、できるかぎり、内装/外装工事は安く抑えるようにしましょう。必ず工事業者については複数社に見積依頼をして、その中で、もっとも、対応が良く、リーズナブルな価格の会社に依頼するようにしましょう。

 ▼

メニュー・価格/仕入先の決定

  • たこ焼き屋のメニュー&価格を決定しましょう。
  • たこ焼きだけを売るのか、それとも、サイドメニューも販売するのかなど、メニューを決定しましょう。
  • たこ焼きの原料の仕入先についても決定しましょう。

 ▼

アルバイトの採用・教育

  • アルバイトが必要な場合は、アルバイトの採用も早期に行いましょう。
  • 求人誌に採用情報を掲載したり、インターネット求人サイトに採用情報を掲載したりするなどして、アルバイトを集めましょう。
  • アルバイトには、たこ焼きの焼き方だけでなく、言葉遣い・接客方法などのマナー教育も行いましょう。

 ▼

広告宣伝(チラシなど)

  • 開店前にお店の宣伝をしましょう。
  • 近隣の会社や個人宅にチラシを配布したり、インターネットサイト&ブログなどでお店の宣伝をしましょう。

 ▼

開業!

  • いよいよたこ焼き屋の開業です!
  • 開業してからが、本当の勝負です!決して諦めずに、成功するまで、元気いっぱい頑張りましょう!

スポンサーリンク

PAGE TOP