たこ焼き屋開業資金

たこ焼き屋の開業資金ですが、一般的な飲食店に比べますと、かなり低い金額で開業をすることが可能です

開業資金としては、店舗取得費(店舗保証金など)、内外装費、厨房設備機器、人件費、広告宣伝費などの費用が発生します。

たこ焼き屋の開業資金は、おおむね、200-700万円程度の費用が発生します。

店舗取得費や厨房機器をかなり低く抑えることができたら、200万円程度でも開業は可能ですが、だいたいは、300~500万円程度かかると考えていたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

なお、開業資金以外にも、お金を準備しておく必要があります。

それは、開業後、半年間の生活費です。

多くの方が、飲食店は開業後すぐに集客できて、利益が出て、その利益の中から、生活費を捻出できると勘違いしています。

最初から、たくさん稼げるという甘い幻想を持って開業し、開業後の生活費の資金を準備せずに開店をしてしまい、開店後、たったの1〜2ヶ月程度で資金が枯渇し、廃業をしてしまっているのです。

マクドナルドやすき家などの大手企業のように強いブランド力のあるお店なら、最初から信用度が高いので、開店時から、たくさんのお客さまを集客し、利益を出すことは可能ですが、一方で、あなたのように、はじめて開業するお店は誰にも知られていないわけですから、最初から、売上が上がることはありません。

開店後、初月から、黒字&生活費を捻出することができるお店は非常に少ないという実情を知っておかなければなりません。

一般的な、お店は、最初の数ヶ月間では、売上はあまり上がらず、1ヶ月・3ヶ月・6ヶ月と継続して運営をすることで、リピーターを増やし、だんだんと収益を稼げるようになるのです。

開店後すぐに閉店してしまうことを防ぐためにも、開業後、4〜6ヶ月以内に黒字化することを目標として、最低でも6ヶ月程度の生活費も開業費以外に準備しておきましょう。

スポンサーリンク

PAGE TOP